スター☆ジャンに関する…なにかじゃん

 


とりあえず、ひとりごとをメモるじゃん。ネタバレあるじゃん。多分ときどき追記したり書き直したりするじゃん。

菊弥丸 Original 2013/5/11, updated 2017/2/16


『横浜見聞伝スター☆ジャン』外伝 〜横濱 謎解き大作戦!じゃん!!〜

 ↑2013年5月スタート。ハマナビ内5分ドラマ。… Episode: version 1.5 …っていうことになってるらしいんですねえ。

『横浜見聞伝スター☆ジャン』

 ↑2013年10 月スタート15分ドラマ。EPISODE:1

 ファミリー劇場版 (EP1が2014年6月にCS初放映時の補足的記載)

※ED ロール書写が長すぎるので別のページに写しました。リンク先を見てね。→こちら

『横浜見聞伝スター☆ジャン Episode:2』

↑2016年4月スタート15分ドラマ。別ページにおいておきます。


【関連リンク (公式)】

スタージャンプロジェクト公式サイト http://starjyan.com/

横浜見聞伝 スタージャン EPISODE:0 〜神速の彼方へ〜 (動画) http://www.youtube.com/watch?v=ZFg5YoOiApQ

EPISODE:1特設サイト http://starjyan.com/tv-ep1/

 期間限定WEB配信チャンネル「横浜見聞伝スター☆ジャン | EPISODE:1」
 http://www.youtube.com/user/starjyanep1/

EPISODE: 2 特設サイト http://starjyan.com/tv-ep2/


『横浜見聞伝スター☆ジャン』外伝 〜横濱 謎解き大作戦!じゃん!!〜
テレビ神奈川 2013年5月4日〜8月3日 13回
(土曜日18:00~18:30 ハマナビ内の5分コーナー ばらつきありますがだいたい18:10過ぎからでした。5/25は休止。)


【キャスト】
濱尾学(関根裕介)、濱尾巡(内山眞人)、星乃涙(さとう珠緒)、濱尾探(萩野崇)、ニック(高田宏太郎)、月影光(松林早紀)、
ネクラー(平子哲充)、レンガット山田(山田京太郎)、レンガット金澤(金澤辰典)、
ミート(仁科 貴)、星乃雫(秋山依里)、星乃命(大西結花)〈友情出演〉、雅(鈴宮舞姫)、ムッシュ(水島裕)〈特別出演〉、
ブラックナイト(※配役クレジットが「ブラックナイト」)、矢那居秀樹、中井勝信、菅生良明
【スタッフ】
脚本/進藤 雄太・MOKUMOTO、録音/橋本 和憲、照明/松井 寿徳
アクション指導/矢那居 秀樹、造形/鈴木裕(岡津アクションクラブ)
キャラクターデザイン/SHIRASU(DOME-ZERO)
編集/ユニモト、ヘアメイク/結城 小百合、CG/横浜デジタルアーツ専門学校
音楽/皆川 公幸・森田 祐司・岡出 莉奈/M2 Music
スタイリスト/石山 貴文、衣装協力/shippo fusafusa
撮影/吉田 武・佐藤 優二、スチール/原 圭吾
プロデューサー/椙本 泰史、アソシエイトプロデューサー/松宮 正美・伊藤 博
著作制作/リヴィールエンタテインメント、監督/MOKU

【協力】
#1 横浜マリンタワー
#2 横浜中華街 発展協同組合、横浜マリンタワー
#3 横浜中華街 発展協同組合、おもてなし家
#4 よこはまコスモワールド、おもてなし家
#5 よこはまコスモワールド
#6 HORBOR'S CAFE 大さん橋本店、スリーエフ 日本大通り店
#7 (なし) #8 (なし) #9 (なし) #10 (なし)
#11 日本郵船 氷川丸
#12 日本郵船 氷川丸、はまれぽ.com、サンエス技研株式会社
#13 日本郵船 氷川丸、はまれぽ.com、サンエス技研株式会社

※役名は特設サイトからの情報を参考に記載しています。
※スタッフはハマナビのラストに流れるスタッフロールから転記しています。
  Open YOKOHAMAサイト内でスチールの原さんの表記が異なっていますがテレビ放映の表記に従いました。
 (2013/10/8追記 気になってんですけど、ウェブではいつも原さんが圭悟さんなんです。
 今般公開されたEPI1のウェブサイトのスタッフ欄もそうなってるの。遡ったらEPI0のつべの概要にのってるのからそうなの。
 けど、EPI0も外伝も映像のスタッフロールは圭吾さんなの。どっちなんかな。追記終わり。←EPI1では「悟」の字でした。(2013/10/17))

※1話,13話のエンディングロールを採録しました。→こちら

公式WEBサイト

TVドラマ版特設ページ http://www.starjyan-tv.com/

ハマナビ http://www3.tvk-yokohama.com/hamanavi/
※選挙期間中は動画が見られません。(2013年8月休止していました。) 各リンクのURL(mms: xxxx )をメモしておくことをおすすめします。
あとね、とてもとても残念ながら7/20の動画が壊れています。(2013.11現在)

CH. OPEN YOKOHAMA 内(動画) http://www.tvk-kaihouku.jp/starjyan/ ※2013年8月末まで公開。現在は閉鎖。

タイトル 本放映 ひとこと
1 ハマヲサグル 5/4 マリンタワー。みんな説明に忙しいじゃん。
 

「スター☆ジャン、ハマ謎(勝手に略)、第一話「ハマヲサグル」今日は12分くらいから開始。番組の前半と後半の中休みに入る感じ。同じ絵でも画面でかいといいよねえ。五分しかねえから設定と名所の説明でとにかくものすごく喋ってました。あと今度の探ちゃん、でけえ。 」
「この新作の光ちゃんの髪型、サイドポニーを初めて見てから思ってたのですが、「祈る子と書いて祈子(れいこ)」。そして動く絵を見てますますその感を強くしたのです。じゃん。 」(以上Twitterから)

まだどっちに転ぶかよくわからない。初回なので感想をブログに挙げておきました。ここ
私は結構お芝居(劇場の)っぽさを感じました。お化粧なんかも含め。
探さん(18)紹介回でもある。あと、変身シーンができていたよ。あと、レンガットさんが赤いよ。

2 ナミダノワケハ 5/11 中華街。おだずもっこ。
 

ツイッターで、役者さんからのいかがでしたか、という問いかけに、脊髄反射で「時計かっこよかった」ってリプライしようとして、いや、いくらなんでも演技差し置いてそれは失礼だろうと思って思いとどまりましたが、時計かっこよかったです。(書いてるじゃねえか)
まだ助走、まだ暖気中、だと思う。
なにか始まりそうな所で次回に続く。これ多分毎回よねぇ。地味にストレスが貯まっていかねえか。何回かに1回は完結するのか。
あと、一瞬一瞬がすぐ通り過ぎちゃう。ちゃんと見ないとダメね。
まだ紹介編で、ちと、人が多い。そのうちしぼられて、感情移入できるストーリーになるかしら?
それとも、キャラクターで押していく感じになるのかな。しばらく観察。

中華街の門の下で兄貴がはしゃぐのを見て私の頭をよぎったのは「おだずもっこ」という言葉です。宮城あたりの言葉で、ぐぐると「お調子者」とか出てきますが、私のイメージは、クラスに1人はいる、やたらめったらはしゃぎ回る男の子な。
それを冷ためにあしらう弟2名とのコントラストは際立っている。でも、まだ、弟がひとくくりなん。この2人の差はどんな感じになるのかな。
涙ちゃん(18)は、楽観的っぽい。次女だなー。

3 カゲヲカルモノ 5/18 善隣門。しゅうまいのお京…ではなく
 

「スター☆ジャン 濱戦じゃん(適当に略) 第三話「カゲヲカルモノ」おなじみの茶寮とか菜館とか飯店がみえる角っこで。
お京好きだったから、特に光ちゃんのアイテムににんまり。
で、やっぱ探ちゃん裸足?で、なんで中華街に来たんだっけ。あれ?」(Twitterから)

学さんが一生懸命Twitterに靴というか足の写真をあげてくれていたので、足見ちゃいます。ネクラーさんの靴下、青いんだー、とかね。

この話は結花ちゃん…ではなく命さん登場編。
スケバン刑事風に遊んでみたかった(リスペクトともいう)心を、暖かく受け止めるべき話というか、バラエティというか。
今回メインステージは善隣門。聘珍(へいちん)茶寮の前あたりのとこ。
姫様方はみんな闘えるってことなんだろうね。食べ物で闘わなかったのは殊勝である。スター☆ジャン、タイガ▽ジャンは変身待機。もったいねえな。
最初の雫ちゃんの中華街情報は伏線として回収されるんだろうか?ガセ?

学さんと涙ちゃんの意気投合っぷりとか、おばさんっていうな命姉さんとか、ところどころ、いい間になってるところはあるけれど、まだがちゃがちゃする。
全体としてかみ合って回っている雰囲気には、まだもう少しかかりそう。

4 ニック 6/1 コスモワールドバカ。
 

前週一回休みでした。まあ大使をないがしろにできないしな。

「スター☆ジャン外じゃん(なにそれ)第四話「ニック」ニックさんの富士額が♪みーらくーる。
(今日の感想このくらいでいいですか。)あ、場所はコスモワールド。
ところで、学/巡さんはなんで遅刻魔なの。多分来る途中でなにか道草してますよね。そこ見たいなあ。」

「あー、寝坊してるのか。ロッカーの朝は遅い… 」(twitterから)

世界最大の時計だったコスモクロックの歴史は明かされるのかな。
ニックはパワフルなキャラですね。日本語が下手っていうより脈絡が可笑しいのよな。
キャラがへんてこなのに気を取られて光ちゃんとの関係がよくわからないな。
にーさんがたは、さすがに露出が少ない。(いや、そこのアナタ、脱がなくていいです。そうじゃないです)
影薄い。大丈夫ですか。そろそろ濃くなりますか。

5 キズナノヒカリ 6/8 コスモクロック21。18歳の挑戦。
 

スター☆ジャン横作(なお、縦はありません) 第5話。キズナノヒカリ。
コスモクロック、あっさり終わりましたよ。こうなると雫姫がなんの情報を流してきてるのかがわからん。加えて、これがプリズムスターと関係ないと判断した理由もよくわからないよ学ちゃん。
光ちゃんが感じたものは、プリズムスターと似た物なんでしょうか。

そうそう。この回が多分ツイッターでエキストラを募集した回だね。 あの観覧車ね、下に立つとかなりのでかさなんですよ。遠くから見るのとはまた違うので見においでませー。

探ちゃんが女性の危機に果敢に参戦するも一瞬で粉砕さるる。学園ドラマ? 新キャラがない分、ニックが探を認めるという筋があったのはよかったじゃん。何言ってるのかはよくわからないけど、なんとなく繋がりができた気はするよね。今回、絆、でしょう? ところでニックのライバルは探なの? あれ、巡は?

あとは、ケンブン、で、ぴゅーん。強いのはわかった。キミらいつも簡単すぎるんじゃ。
難しいのはスタージャンの振り付けだけ。というわけでコマ送りして見たじゃん。

ぽっと来て、すぐ帰る眠そうなネクラー。気まぐれです。しかし次週何かありそうです。
涙ちゃんは、にこっとすると、ぱーっと華があります。スターですね。

6 ネクラトレンガ 6/15 大さん橋 and 日本大通り。オープンな場で仕事の話をすると漏えいします。
 

「スタージャン伝解(略)第6話ネクラトレンガ。待望の「増えない」回は、船を借景にオープンな会議中の根暗と男泣き山田他1名。伺う見慣れた緑の葉っぱ。横濱じゃよくあるよね。(ないです)星より明るいコンビニでたむろしてる濱っ子と異星人は早くおうちに帰るように。」

尺とシチュエーションを与えられて発揮される役者の力、というもの。
ほとんど、たいらこさんの芝居と間〈ま〉に支配されています。エキセントリックです。いいぞーやれやれー。(台本もってるから監督ぶりっこなのかと思ったら、本人ツイによると違うみたいでした。)
山田クンは負けても悔しくないけど解雇は悔しいらしい。彼の闘う動機は勝つとかそういうことじゃないみたいだね。
一方、コンビニたむろ boys and girls も間が合ってきていいじゃん。でも人数多すぎねえか。
不思議なカフェ空間については、半分変身して畳を作る緑の葉っぱといった、さらなる謎シチュエーションを経験してきているからか、飯食ってるくらいだとあんまり驚いていなかったりして。まじで。
光ちゃん、よく食いますね。

7 サタデー・ナイト・フィーバー 6/22 三塔。新上司派遣さる。
 

スタージャン大作(どっこい)7話。「サタデー・ナイト・フィーバー」
13話の半ばを過ぎましたね。半分っ!スターージャン!(ああ、そうだよ。書きたかっただけさ。)
先日のコンビニからほど近い通り。
ニック、「ジャック」で迷子です。冒頭迷子になってから、最後途方に暮れて階段に座り込むところまで、ほとんど動いておりません。
目と鼻の先、見渡せば見えそうなところに、みんなのいる「キング」はあります。よく見回せよ。
探ちゃんは安定の説明役。ヨコハマオタクへの道を着々と歩んでいます。
して、新幹部登場。ブラックナイトさん。こんなのが出たら変身せざるをえませんね。
いままでで一番、「奇」に頼らないで、次どうなる、続く、に至る普通の流れだった気がします。
一方で、やはり、学・巡あたりの心に、そろそろ迫りたいところ。
次回8話のタイトルはWEB上で一旦別のものが予告されましたね。ごくごく個人的に、ニヤッとするタイトルでした。それは、もっと後に来るのかな。

8 メグルオモイ 6/29 引き続き県庁前。You Lose?
 

スター☆ジャン大戦(壮大に略)8話。「メグルオモイ」
ブラックナイト強いじゃん、ていう回。格闘ゲーム仕立てです。(前の続きで変身してあるからスムースじゃん。) タイトルと少し合わないか。表層に出てこないところで巡ってるんだな。そう思おう。
黒騎士、顔デカいですねー。中に何入ってんのかな。 んで、メガネ? あれは、メガネさんは経験あるはずねー。「はっ、かけてなかったじゃん」って気づくと恥ずかしいよ。
ネクラーさんは、今回もつっこみどころを用意したらしい。しかし、むしろ自分で突っ込んでます。鼻に。
アクション的には、☆▽の空中技も素敵ー、ですが、やられ方含め何回か再生してみたけどカメラが揺れたり切り替わりすぎて、よくわかんない。
私、昔(といっても、80年代くらい?)からトランポリンアクションのときの、角度が切り替わって空中のアップになる絵とかよくわかんないんです。こういう視点が、苦手です。
ニックは「ジャック」でずーーっと迷子ジャカジャーン。 しかし、光ちゃんを発見したもよう。スタージャンさんたちが戦ってる間に一曲弾いて道路を渡ったんですかねー。 そっちをずっと観察するのも面白そうです。
最後、学さんが、闘志を顔に出しています。やっと出てきたか学。自分を失わなければよいけど。

9 ナミダノシズク 7/6 ジャックとクイーン。ぶれない心。大人の背中。
 

スタージャン 外大(アカデミックに略)9話「ナミダノシズク」。
それは涙ちゃんの役名を見たときに思い出した言葉でした。前にブログにチラと書きました。今回は、そのサブタイで。
2人の不思議な18歳を引率して学さんがジャックにおります。
涙ちゃんは、星から見守る雫ちゃんを二重移しにする存在であろうと思います。
初めて会ったあのときの雫ちゃんの姿を切り取ったような姿。
私は、もし、雫ちゃんが何の支障もなくブルースターで学さんの傍らにいたなら、と思わなくはないのです。
ですが、コジワはあっても心は18の…。いやなんでもないです。涙のこどものような心が学さんの言葉を引き出していく。
涙ちゃんの怯えに、学さんはしっかり対話をします。隣で同じ向きで。
涙ちゃんに話しながら、探ちゃんにも聞かせる。多分、自分にも、星にいる雫ちゃんにも。
学さんは自分の信条をもち自分の言葉で話る。自分がそんなに凄くないことも知ってると思う。それでも前を向く姿を見せる大人。
学さんの人となりって、外伝だけを見ている人はここで知ることになるのかな。どうですか?ここまでとギャップありますか?
ショーやツイッターを見ていたら、こんな人だなって、薄々知っていたーよねー。

一方、クイーンの巡、光コンビにも何かあるかと思いきや(むしろ、あってよ)、ニックへの全突っ込みに費やされつつ、新人物ガー。

今回、NOジャンです。変身するというフォーマットがなければ物語が描けるのに、と脚本家をジレンマに陥らせてきた問題。
五分の中で充分に語るためには、今回みたいに思い切らざるをえないでしょう。ていうか変身することが目的の変身は要らんもの。
ところで、三塔の伝説は塔を訪ねることではないはずだなあ。

10 ヤキニクテイショク 7/13 クイーンの角を曲がると
 

スタージャン 伝濱(略) 第十話「ヤキニクテイショク」
クイーンこと税関前にて。その角を曲がるとラーメン屋?。ニックが「許嫁」をご紹介。ちょっと待つニャン!家族を思う気持ちはヨコハマを守る!そうだ。強くなれるさ。続く。(だいたいこういう話)

困った作品ですね。先に表明しておくと、私はこの話好きです。
ただ、連続ドラマらしい流れの中で次回予告があの様子だと三塔はここで終わりなのか、回収されない何かとしてスタックされた扱いなのかわからんですねえ。
ブラックスターさんは都合2回休み。
あと3回でどこまで片付けて、なにを秋に持ち込むのか、そろそろそういう目で見たくなってきました。
…いや予断を持ってはいかん。目が曇るじゃん。

話を本編に戻します。
ミートの息子がニック。鉄の息子だからアルミでいいだろう、って娘に有美とつけた誰ぞやの話を思い出しました。
前回、比較的キッチリ自分の心情を語った学さんに比べると、巡ちゃんは、ちょっと妙なシチュエーションです。
Episode:0を見ても、普段のショー(けんぶん)を見てても、巡ちゃんにとって、光ちゃんはトクベツだろうと思うんですね。
そう思ってるのに、自分が蚊帳の外で、他の男が目の前で親に紹介めいたことをしてたら、そりゃあ、全力で挙動不審になるよな。早く話にからまなきゃ大変。
けどタイガにゃんに変身しなくてもな。ぁぁ、すごくテンパってたんだね。まあいいや。
オヤジさんが、思ったよりまともな方で良かったです。
「ミート犬」が店の名前だったときには、うぉ、この親にしてこの子ですかと思いましたけど。

この9,10話では、兄弟が2人別々の場所で同じ気持ちを述べています。離れていても同じ心。この辺は、2人が本当に離れたシチュエーションにあると思われるEpisode:0を少し彷彿とさせる。
日本語では「愛」とはどんなのものかぴんとこない。多分、家族を好きで大切に思う心、というほうがしっくりくる。
その言葉の選び方は好きですが、その心とヨコハマを守ることは同じか。
家族と街を自分の背中に背負って闘った彼らには分かったのかもしれない。
けど私にはあいだが抜けている気がする。まだ理屈っぽいなー。実感にするには何が足りないのかな。

11 ケンブンクッキング 7/20 サンマーメンにはサンマが入っていない話
 

スタージャン!!!(略)第十一話「ケンブンクッキング」

外伝の外伝的な話です。ただ「バッカでー」と思って見ていただきたいと思います。ネクラーでます。
予告のときから思っていましたが…いや、1話から思ってましたが、たたかう元調理師ロッカー学にいさん、化粧濃いです。
これね、実際作るときは、コンロの口と鍋ヤカンが少ない方は順番をよく考えてご準備ください。
にいさんは触れてないけどスープもどんぶりも用意しないとあかんのよ。(8/16 ※スープとどんぶりは巡ちゃんがささっと用意しています)
コンロの口と鍋ヤカンがいっぱいある方も、すべての野菜を切って、調味料をそろえてからスタートですよ。
濱尾さんちのように、アシスタントやタイムキープをしてくれる兄弟(…なんかひとり多い)がそろっているとは限りませんから。
ひとりでてきぱきとこなさねばなりません。
練習されたでしょうね。お疲れ様。

12 ハマヲマナブ 7/27 氷川丸とハマ。何を学ぶ?
 

スター☆ジャン作戦(ふつうに略)12話「ハマヲマナブ」
氷川丸の船上、再び命様登場。スケ番の呼び出しにオールスター従った模様。解くは市徽章(きしょう)の謎。
そしてネクラー一家と黒騎士も再び。受けて立つ学と巡。探は何に気づいたか。ボケ親子漫才を交えつつ、決戦の予感で続く。

この船上の勢ぞろいが、神奈川新聞に載ったシーンですかね。
うっかりすると数々の苦しい戦いの末ここまできて、ついに最終回を控えたラスト一回前の最後の五分だぜ的な感慨に浸りそうになりますが、
兄さんがた、シリーズ前半ほとんど戦ってないし、先週なんか麺だし、正味が五分だし。急によろしくまとめたりするのはホントに腹立た…スットコドッコイ。
でもね、前回、ブラックナイトと対峙したときにはなかった巡、学のにじみ出る自信がいい。いい変身《ケンブン》になったと思うよ。

予告、あのマスクだね。とても気になるじゃん。

13 アオイツキ 8/3 [最終回]氷川丸。まず今日(こんにち)はこれぎり
 

『横浜見聞伝スター☆ジャン』外伝 〜横濱 謎解き大作戦!じゃん!!〜 最終話「アオイツキ」

アオイツキってなんだろうね。

それぞれの敵に対峙しながら前回の続きです。
ネクラーのキャラクターが少し深い感じになっていてよいです。
探ちゃんの存在感もさらに増しそうですね。

中に人がいると分かる絵は好きです。
幼い頃のこと。腕をなくしたマジンガーZも、変身できないウルトラセブンも、その姿が突き刺さった。
ブレイクマスクのスタージャンも、また。それでも闘おうとしている。
学さんは強いんだろうと思う。スタージャンの強さっていうのは心の強さなんだ。自覚することでもっと強くなる。

「@starjyan 学さん、巡さん。見聞お疲れ。最終回見ましたよ。
外だから音は聞こえてなかったけど、テレビを持つ指に音圧が伝わりました。
大切なひとを守る決意と戦士を包む力。
またドラマで会えるみたいでなによりです。」
と、
スタージャンさん宛のTwitterに書いて。

思うのは、そのことは、最終回見なくても知っていたよねということ。
ということは、多分シリーズで言いたかった主題は受け取ったんだろうなあ、とは思う。
その部分が着地したので、少々なげっぱなされても、そんなに、ぉぉぉぉい!、とは思わなかったんですよ。ほんとですよ。(と、声少し小さくなる)
(この日は、現実世界で見聞(ショー)があって、私はその空間で待ち時間に片手にテレビを持って最終回を見ておりました。皆と見るためにヘッドホンでなくスピーカーに音を出して聞いていたけど、まあほとんど聞こえませんでした。このツイートをした後で、もういちど家でちゃんと見たら、案外合っててちょっと感心した。自分で。)

歌舞伎には、時々白黒つけずに後日会おう まずはこれぎり さらばさらばーで終わっちゃう話がありますが、例えば曽我の対面なら、当時の人はこのあと工藤は曽我兄弟に討たれたと知っている。
ああそうなるんだなあと、見る側で繋がって終わるわけです。
今回はそれとは違います。

次があることが前提で、つなぎであることが明らかな仮の最終回です。
でも続きはわかんないから、見る側は繋がらない輪っかを抱えたまま、輪っかの全貌を知らぬままなわけだ。
なにしろ新しい謎を作っちゃいますからね。
謎解き大作戦っていうのはさ、多分、何が謎なのかが最後に分かるってことなんだぜ。
すごいやぁ。(…違)

で、この辺から、この作品について総括をしたいところなんですが。
が、それは、近いうちに書くじゃん。
まず今日はこれぎり。

 

全体について、ブログに書きました(8/6)
本編なき外伝と、面白き3ヶ月と

To Be Continued...↓ Look!


Look! ↑Supplemental story... Episode: version 1.5 
 And.. ↓ Episode:1

『横浜見聞伝スター☆ジャン』

テレビ神奈川 2013年10月12日〜2013年12月28日 12回
(土曜日9:15~9:30 )

公式WEBサイト

 EPISODE:1特設サイト http://starjyan.com/tv-ep1/

 期間限定WEB配信チャンネル「横浜見聞伝スター☆ジャン | EPISODE:1」
 http://www.youtube.com/user/starjyanep1/

 各話が期間限定配信されていました。

原作 スター☆ジャン プロジェクト
脚本 進藤雄太/MOKU
プロデューサー 椙本泰史

【キャスト】※以下配役はOPから転記しています。(なので☆と▽が黒いです)

濱尾学/スター★ジャン(関根裕介)、濱尾巡/タイガ▼ジャン(内山眞人)
濱尾探(萩野崇)、星乃雫(秋山依里)、月影光(松林早紀)
ネクラー(平子哲充)、星乃涙(さとう珠緒)、星乃命(大西結花)
ニック(高田宏太郎)、ミート(仁科貴)、ムッシュ(水島裕)※以上1話
オペレーター雅(鈴宮舞姫)、ニコさん(四宮康博)、アスカ(石井明日香)
プラウの常連客(はやぶさ(ヤマト・ヒカル・ショウヤ))※以上2話から追加
シュン(大口兼悟)、※役名表示なし(山田京太郎)、※役名表示なし(金澤辰典)
暁の声(新川昇平(Brick By Brick))※以上3話から追加
オペレーター堅(羽村英)※以上4話から追加(堅は、4話は声のみ)
ブラックナイト(いしだ壱成) ※9話から登場し「?」表記。12話にて「いしだ壱成」

主題歌 「神速の彼方へ」
作詞:MOKU/sugisaku
作曲:MOKU
編曲:猪早巧
歌:本位田牧

音楽:M2 Music

アクションコーディネーター 矢那居秀樹
撮影 富田伸二
監督 MOKU

※1話のエンディングロールを採録しました。→こちら

タイトル 本放映 ひとこと
1 ホシヲサガシテ 10/12 ふりだしのゼロ
  初回。リアルタイム視聴。
スタージャン様とのお約束ですから、冒頭、「見聞」とツイートしなければなりませんのです。
しかし、冒頭はドラマ部分からの入り。学さんの「見聞!!」の声でOP映像が始まるまでの間、私は、ただ見入っていました。
この作品を始めて見る人にはどう見えたのでしょう。
残念ながら(ここはほんとに残念ながら)、私はこれを先入観なしに、予備知識なしに見ることはかないません。
おそらく、この兄弟は"兄弟となった"のである。(と、みえる)その見ないふりをしていたモンダイが突きつけられます。
そして、エピソードゼロからの挿入。
学は、巡を失ってしまうんだろうか。この物語はここへすすんで…戻って…しまうんだろうか。これは結末なのか悪夢なのか。
ちむわさわさー。
明けて本編は、今回は惑星エイチの人々の関係を描いています。これは初なので面白いですね。
…ニック普通にしゃべっとる。母国語なら大丈夫なのか。
雫ちゃんのモノローグの低い声は、このお姫様が芯の強い人であることをうかがわせます。
きっとあの出会いの待つたびだち。
…知っているのも悪くないかもしれないね。

ところでシームレスに入るCMはいきなりすぎてなかなか笑えます。
これはテレビ放映の特権かも。
2 スターニマナブ 10/19 見つけた星
 

「EP1 第2話は、時をこーえて、行ったりきたり。待っていたあの出会いと、ひとつの気がかりと。
学さんたちの日常にもう雫姫がいることがうかがわれるのは、うきうきする。
出かける探ちゃんが会社に行くパパに見える私はもう少し
修行が必要なようです。 #スタージャンEP1」(Twitterから)

先週から少し時系列が進んでいて、いままで描かれなかった時期に来ています。主役登場。
コンパクトをもらった少し過去を思う学さん。なんで学さんがスタージャン業をやってるかという話でございます。
…ここいらはEpisode:0からの挿入で、愛着のあるシーンがそのままでうれしいですね。 …
ここはまだ同じ流れのなかを少し遡っただけ。しかし、まだほかにも複数の時の流れが行ったり来たりしながら流れるであろう物語。
混乱せずに追えるかどうかが大事になってくる気がします。
白状すると、Epi0のとき今ひとつ分かってなかったです。

で、長らく設定だけだったニコさんが、やっとうごきます。ナースなのかなんなのか分からねえコスチュームのアスカちゃん。エプロンの探くん。(だがエプロンをとってシャツになると、どこかのおとうさんに見えるんだ。「自称」チャラい33歳と、誰がなんと言ってもおとうさんじゃなく18歳。心の目を開かないとだ。学さんは私にはチャラいとは見えないんですけど、なんだかちゃきちゃきだね。)そして…なぜかいる「はやぶさ」。このビミョーな日常。ヨコハマにはよくあること(ないない)。

そこには、巡さんがいたんだね。
憂い顔の学さんを少し笑顔にする雫ちゃん 。どんなコンビ(トリオ?)になっているのか楽しみですね。

3 クロノホシ 10/26 邂逅する星々
 

Chrono Star?

さて、特別にわたくしの当日の実況を再録してみましよう。

「見聞!」「れんがっつ」「しうまい」「準備」「けんぶ?」「ん!」「すくりゅーすたーなっくる」「黒きた!」「たいがじゃん」「ひかりしゃん」「おわた。」「来週痛そう。」

以上です。んまぁ、だいたいこういう話w。
改めて見ると、にいさんのテンションの高さに圧倒されます。お姫様と弟の前。ムリにでも元気出さなきゃだね。 (…しかもだだっ子だなしょうがねぇな。)

「ゼロ」から約1年弱の間、毎回脱いでるのか??と物議を醸してきたあの謎が解明されます。なんかそういう設定の文章はどっかで読んだ気がするな。
で。今回レンガットも顔出しからかぶって準備なのですが、つまり、みんな着てるってことなのね。そのなかでネクラーだけ生身。こえぇね。

時を超えた黒い星が、もう一つ。
そして、巡。兄の前に現れながら、なぜ去るのか。

4 アオノユメ 11/2 相似形の記憶
 

錯綜するシュンの記憶。
失った巡の記憶。
二人の戦士の前に立ちはだかるのは、いずれもネクラーだ。
かつての闘いは、"いくさ"だったのだろう。
プリズムスター捜しが、ブラックスターとしての使命なのか、彼本人の夢であるのかは分からない。

一方、巡。
学のときと同じ出来事が起こる。外伝の時にもあったシンクロ。ただ、巡は少しばかり戦えるのが仇となっている。

—ぼくはきみがいなければなにもできないしなにもわからない—

生まれ直した巡にとって、目の前にいた光がたったひとりの支え。光を守る。
巡という名前。守るという言葉と意識。それが今の巡に残ったもの。

なにもわからないのは、シュンも同じに見える。
だが、かつては娘(たぶん) を守る意識だったものが、今は悪を滅ぼすという価値観のみを残して失われているように思う。それは守るものを失ったから、か?

ところでな、「ゼロ」から約1年弱の間、一部の人をやきもきさせてきた、巡も脱いでるのか?という謎も解明されます。むーー。巡は守られてるね。不公平だよね。

5 ニコニコエイチ 11/9 星をつなぐ
 

お母様はなにを隠してるんでしょうね。
雫姫、やっぱ帰っちゃうのかなあ。せっかくプラウの人たちとも仲良くなったみたいなのに。
ちょっと、都合のためのおはなし感が。
星座を完成させるにはここに星がないといけないんでしょうね。
でもニックや涙ちゃんと一緒の見聞も見たいなあ。

ロケ地ラー博。今回スタージャンのアクションはかっこいいです。ネクラーには相手にされてないけど。
相手と認識されてしまったときが恐ろしいかもしれない。

学さんは雫ちゃんのKnight。もし雫ちゃんがいなくなったらなんのために戦う?
巡さんの世界はまだ光ちゃんだけ。世界はもっと広いよ巡ちゃん。
手を取って横濱を守る戦士となる日をうどん食って(今日、昼がうどんだったので)まってまーす。

6 アカツキノソラ 11/16 明滅するココロ
 

おなかの赤い星がへそっぽいブラックスタージャン…結構真ん中寄りにつけてんなと思って。
その人と、いきなり地元警察の前で対峙している学、探、雫ちゃん。
場所を選べっていうか、選んだ結果がこれなのか。間に何かカットされた事情があるんじゃないのかなあ。唐突。

ここで、外伝やEPISODE:0では既に「ありき」で語られていたプリズムスターについて、言及があります。
これがブラックスタージャンの善悪の判断基準になっていたとは。それを語る暁とはナニか。
この手の話だと、ヒト即ち悪であるという図式になりがちですが、
暁さんはそうではなく「価値観」あるいは「行動目的」を問題にしているみたいですね。

雫ちゃんは、多分故郷で確かめなければならないことがあるはず。帰る理由。もうひとつできたね。

☆ジャン、▽ジャンの兄弟げんか。((…身も蓋もない)は見聞ショーでは、ときどきあるんですが、ショーでは学さんが自分を失う。今回は学が正気。ここにも兄弟対称。)
弟を守る学さん。このへん、学さんの学さんらしいところを見せます。
巡さんは、狂気(凶器?)…とまではいかないが、黒星ジャンさんと同様、人間らしい判断力を失ってスーツを着ていることの危険さをにじませているような気がします。
そうそう。ブラックスタージャンに襲われそうになる光ちゃんの一瞬のおびえの表情がよいです。

ともかく、兄弟戦士が揃ってめでたい。
ここまでほとんど明らかになっていなかった(と言っていいと思うんだけど)巡さんがどんなキャラになってくるか楽しみ。あ、にいさんどつきすぎ。

折り返し。どうおさまるか、おさまらないのか。見聞じゃん。

7 ホシノイノチ 11/23 パラレルな日常
 

外伝2-3話に、プラウの日常がシンクロしながら進行する構成です。
学さんと巡さんがいて、探ちゃんがいて、光ちゃんがいて、というのはある意味スタージャンの基本フォーマットなわけです。 その「通常運転」になるまでにシリーズの半分かかるっていう。
まあでも、アレだな。2部からレギュラーになって、そのあと定着、みたいなもんかな。

さて。外伝の時は…、なんて、なるべく言わないようにしようと思っていたのですが
この話はみてた人と、見てなかった人で明確に見えるものが違うだろうなと思って。
いまさら見てなかった人になることは不可能なので、見てた人の立場で書きます。 この先のネタバレにはならないように気を付けながら。

ちなみに外伝初回はマリンタワーでした。
そのときは探ちゃん(18歳!)がここで初めて登場したため、非常に印象的な紹介があったのですが、今回は「略」。 その分、涙ちゃんの18歳が際立ってくる仕掛けになりました。
また、2話まとめたことで、出てきただけ、パロディだけ(スケバンの)、みたいだった印象が薄れ、 EP1前半で、すでに命さんの素性もわかっているので、すっと入り込める話になったと思います。

プラウのほうは新作。
別々にまわる二つの世界が、ふっ、と、掛詞(かけことば)的に交わってくる感じです。
(こういうのゴウライガンでもあるな。)
ミートさんが登場してます。1話とはがらりと変わってラーメン屋。

ところでさ、雫ちゃんはせっかく星に帰ったのに、 お母様がブルースターに来てしまっていたら、聞きたかったことが聞けないよねえ。 お母様はもしかして、雫ちゃんを避けてこちらへ?、なんて勘ぐってしまいますね。
これは、前のストーリーが後の解釈に影響を与える例だね(笑)

8 マワルネガイ 11/30 星の声のきき方
 

外伝4,5話ベースです。プリズムスターとはどんなものかのヒントがこの話にはあるような気がしてます。
プラス、かき氷!?。EP1の撮影は9月で、記録的に長い残暑のころでしたから、たぶん大丈夫だったのでしょう。今となっては見ててチョー寒い。

前回と同じで、外伝を見てた人としての感想になってしまってすみません。このページの上の方にある外伝の感想(ヒドい書きようですみません(汗))にはいろいろとひっかかった点が、メモってありますが、それなりに解決しているところもあります。

今回、雫ちゃんからの指令に若干の追加説明あり。
それと、1箇所1回のフォーマットになったことで、この場所の話はこれでおしまいかどうかという疑問は薄くなりました。
ニックと光ちゃんの関係は以前に説明されたので脈絡ができた。
服装と会話のめちゃくちゃさは相変わらずパワフルです。1話のニックとのギャップがすごいよね。なんでこうなったんだろうね。眉毛生えてるし。

前から思ってたんですが、横浜にすんでたらアレが「光る回る」なことは知ってそうなもの。それも見る機会がないくらい勉強したり、バイトしたり大変だったんだね探ちゃん。(以上想像)
それに比べて兄ふたりは……。夜行ってたらすんなりわかったかもしんないのにねえ。
(余談ですが、放映日の午後の現実の見聞活動が「オクトーバーフェスト」(つまりビールを飲むお祭り)で、行った人から報告されてくる写真という写真が、兄弟が飲んでるとこばっかり。実際に飲めるヒーローっていうのは、ご当地的にはなかなか使えるのかもしれない…と思いつつ、ドラマも見聞も「飲み」かい、とも思いつつ。余談終わり。)
ここで遅刻の理由を後づけのセリフだけで説明していたりしますが、この回はほかにも音声に耳をすますと面白いですね。ごちゃごちゃごちゃごちゃしゃべってます。あと、効果音も入れ直してるぽい。
そして、ヤマダ。あはは。
(きっとネクラーさんが「ヤマダー」とか大声で言ったせいで漏洩…と想像。
…ちなみに外伝では、はっきり紙に書いてあります。「山田」って。)

キャラがさまよっている巡さんは、前回は学にいさんにあきれ顔だったのが、今回は学さんと一緒にちこくー。真ん中っ子でございます。

9 オオカミノキバ 12/7 臥虎蔵龍
  外伝6-8話ベース。大桟橋とキングの塔。
ネクラーさんたちの作戦会議から。ここの勢いはびっくりしますよね。
(外伝6話はこれ以外にも"妙ーな絵ばかり5分"の話。見てない人はDVDが出たらご覧ください。DVDに外伝も入るそうです。)
ニックの迷子がたくさん入ってるのに、山田が削られてるのはなんでだブラ。
外伝の時は1週間たってもまだ迷子なのかよ、というおかしさがあったけど、1回にまとめたらちょっと多いね。ニック。(もしかして、じゃかじゃーんのために必要なのかもしれない…)
でも前半の”外伝的悪乗り”とラストのシリアスに落差ができたのは面白いかも。

それはそうと、ブラックナイト登場。背中に「狼」(龍狼虎だ)
キャストは「?」。そうそう。その表記でなきゃ。
キング前のところは基本的に以前に見たときとそんなに印象が変わりません。
外伝の感想を読み直して、まあそんな感じかなー、と思いました。かぶるところについては割愛。
(本編が「あえて全部入り」なのに、前に見たからと言って感想をはしょるのは心苦しいが、一度書いたことを新しい発見なくもう一度書くのもそれはそれでコピペみたいで苦しい。)

この先ブラックナイトの筋があるんだと思うんだけど。
しかし、EP1で見ると、ブラックスタージャンどっかいっちゃって、ブラックナイト出てきた。なんか関係あるの??という風にもみえる?なんで黒いの2個出てくるの。むむん。
なんのかんので、もう9話だしね。あと3回だしね。どのくらい明かされるんだろう。
…って、外伝の時にも言ってたさぁ。よみがえるこの感じ。ぁぁぁ。
でも15分だから。今回15分あるからっ。それで3回もあるからっ。
// その分謎が増えておわる可能性もあるんだぜー。//

ラストの学ちゃんの本気の目がこわいですね。
学さんは普段単純なようでいて、どこか表層に造っているものがあって、見せていない心があるように思えます。
しかし、タイガジャン、ブラックスタージャンと三つ巴のときにも、ちらっと出していましたが、闘いの時にぱっと表出する本当があるのかもしれないね。
10 ナミダノヒカリ 12/14 かがやきのみなもと
 

外伝の9、10話がベースです。
学が自分の心を見せる大切な回。であるとともに、ブラックスターが出ない(し、スタージャンも出ない)回です。
外伝の時にはネクラーさんたちが都合2回出ませんでしたので、アレ?ブラックナイトどうなっちゃったんだろう感は否めず、おまけにそのあとの回がサンマー麺で、わー、もう残り少ないんですけどどうするんだよコレ、ってなってたんですが、今回はそこを1回で。
1回なところで、どうするんだよの予感はひたひた迫ってる気がすんだけど、それはいったん棚上げにしておきます。

まずは、9話の負けを思い出さなければいけない。涙ちゃんの不安、おびえはそこから来ている。
学は、まだ闘志を保っている。ここも、前からのつながりを意識したほうがよくわかります。
負けたなんて思わないってのは、屁理屈なんだけど、
屈しない、つぶされない、自分を信じる強さがそこにはある。
それを支えるのが、好きなものを守りたいと思う気持ち、なんでしょうね。
前の時、飛躍が感じられて、わかんねーなあと思ったんですが、少し飲み込みやすくなりました。
初めて(外伝)のときは、涙ちゃんに寄り添うおにいさんとしての学さんという意識で見えていた気がします。
今回は、学さん自身と少し広い範囲のことに思いが及んでいきました。
(↑ここ書いてから両方見返したんだけど、ほんとにちょっとした違いなんだよねぇ。そういうことがちゃんと印象に影響するんだ。面白いね。)

「守る」という言葉は、このヒーローの決め台詞にもなっていて、シリーズ全体としてもキーワードであると思います。
ただ、漠然と平穏を守るとか、正義だから守る、ヒーローだから当然強いとかということではなく、自分にかかわる大切なものを壊させないという身近な気持ちが、何かを守ろうとする強さにつながっていくという。
「愛で」ってなんなのか。学さんは自分の言葉で語っているのだと思う。
そして、強い相手に会えばそれを乗り越えて強くなる。
経験して大きくなってゆく学という名前そのもの。
学さんはツヨクナレルという。
たぶん、みんなもそうだ。

離れたところで、巡さんも同じ気持ちを口にします。心は同じ。
学と巡は、二人で一つというタイプの兄弟戦士ではなく、鏡のようなところがある。
性格が違っていても、離れた境遇にあっても、心のシンに同じものをもった戦士。
そんな感じですか。
前の時も思ったのですが、最初にいなくなってしまっていた巡のことを、やはり少し思い起こさせます。

で、巡さんの不思議ちゃんっぷりはどこからくるんでしょうね。
前に、全力で挙動不審になって話にからもうとしてる説っていうのを書いたんですけど、
リプライ大会の時に本人(巡)に聞いたら、なんで変身したか本人もわからんようです。
今後、ネズミが前を横切ったりするとどんなことになるかとても心配です。

あと、一応、ニックの迷子って意味あったんだね。(酷

おまけ。ミート犬について575
プラウから わりと遠いぜ 麺伸びる。

11 クロノオモワク 12/21 星の散らばる街で
 

外伝の12話あたりになります。
ハママーク。どうするのかと思ったんすよ。
ハマナビは市の広報番組だから、ハママーク(市き章)だったのかなーと。
独立した番組として、ラストに向けてハママーク、果たして、やるかなあと。
だがそのままきましたね。ストレートです。街中にあるアレ。
見どころはレンガットのお二人のヤクザな私服とネクラー様のおやすみ姿です。
あと、にいさんのふたえの綺麗なメイクと、巡ちゃんの髪型のなんとも言えない感じですか。…いや、あまり筋がないからさ。
次回の結び方(というより次への投げかたなんだろうな)次第ですけど、ここらで黒い人お二方まわりにもう少し時間をさいた描き方ができたような気もします。外伝の時間軸と平行して何かあってもよかったな。
星のふる聖なる夜にこれを書いております。あと一回ですね。

12 アイトチシキト 12/28 [終] そしてすべてはつづいているじゃん
 

感動的な氷川丸船上の戦い。
と、その後。ですが、
外伝の切れ方とあまり変わらない印象です。結構足してあるのに本質は変わってない。
それはいいとして、前半の謎が、6話までのままで進んでないのねー。
せっかく雫戻ってきたのに、疲れただけなのぅ?(にいさんが笑ったのはちょっとうれしいけどさ)
ここで終わるだろうと思ってはいたけど、少し裏切って欲しかったなー。
予想の一枚上をいくようななにかが、欲しかったです。
投げっぱなしがスタージャン名物なんて言っても、同じ投げ方じゃあ、つまらないぞぅ。

黒騎士の謎は残りました。少し黒の仲間らしさが加わったみたいだけど。
外伝のときはブラックナイトが兄弟との因縁を疑わせる言い方で、探の台詞はダブルミーニングというふうに聞こえたんですよ。私には。
今回は、ブラックナイトが濱尾兄弟を知らないのに、探はブラックナイトに呼びかけてるというように聞こえました。
(外伝を見返してないからカット割りの違いとかはわかんない。)
で、探は何に気づいたのかなー??てとこは変わらないですね。

ブラックスタージャンは、起きただけ(おい)。
その身柄がネクラーの手元にあることがどう響いてくるのかは、ネクラーとの交渉が全く描かれないためわかりません。
この件で雫ちゃんはなにかにたどりついたりしなかったのかなあ?

あと、ハママークの光。一回使ったらなくなっちゃうのすか。
マークは依り代であって、力そのものではないんでしょうが、なぜ力を宿し、なぜ濱尾兄弟に力を貸したのか。
もし、これをブラックスタージャン、もしくは暁〈あかつき〉が見ていたなら、どんな解釈をしたのでしょう。
物語の後半が外伝を曲げずに忠実になぞったということは、それはひとつの正史であるといえるんでしょう。
しかし今回はそこに違う立場の人が増えているので、ひとつのできごとを違う面で見たら、といった視点も見たかった気がします。
実際は前半と後半がぱくっと分かれた印象。
ブラックスタージャンは後半の間寝てたんだもんね。

そして続く。つまり、あの8月の思いをもう一度繰り返す我々。ふふ。ふふふふ。これ、さらにDVDで繰り返すんですからね。ふふふふ。ばかやろー。
そして、 To be continued ->
まずはこれぎり。ばいばいじゃーん。

 

全体についてブログに書きました(2014/1/8)

歴史は繰り返しなげられるじゃん( Episode:1 によせて )

■その他情報

予告ラストの注記

「この物語はフィクションであり、登場する団体・人物等の名称は架空のものです。
でーすーが!一部実在するものもあるじゃん!!」 ※これはEP0から踏襲

初回CMはボートピア、勝烈庵、エムツーミュージックスクール。
読売新聞首都圏TV欄での番組名表記は「横浜見聞伝」でした。

ED映像は、6話までが、スタージャンカーをペイントする様子。
7話からEDの映像が2画面構成に変わり、見聞体操とスタージャンカーペイントになりました。
最終話はOP(神速)をラストに持ってくる構成で、横濱ジャンプは流れませんでした。


ファミリー劇場版 EP1

CSファミリー劇場における初回放送
2014年6月1日-2014年7月6日 6回(12話)
土曜 9:00-9:30 30分枠でEpisode:1を2話ずつ放送。

前後のCM枠でスポンサーの15秒CMや、1分ドラマ仕立ての新CMを放送。
スポンサーは、横浜環境保全、風越建設、WISETONE、M2ミュージックスクール

本編に編集はありませんが、EDロール(文字の部分)が変わっていますので1話と11話から採録しました。→こちら
エンディングの画面左下部では、ファミ劇放送時現在の見聞日程が流れました。


『横浜見聞伝スター☆ジャン Episode:2』(長くなるので別ページに置きました)

2016年4月24日-
日曜10:15-10:30

再放送予定 5月3日-
火曜18:15-18:30 ※4/26が野球中継のため延伸。以降1話ずつ延伸


 

菊弥丸 (twitter @kikuyamaru , ぶろぐー http://kikuyamaru.sblo.jp/ )
※現実での見聞ショーの写真はブログに挙げてますので、にいさんがたの又違う男っぷりが見たい方はそちらを見るじゃん。
※誤りがありましたら、ツイッター、ブログのコメント、はてなへのidコール、はてなハイクなどでお知らせください。ツイッターが一番確実です。